「したいこと、言いたいこと、言えてますか?交渉力をつけようね」|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
「したいこと、言いたいこと、言えてますか?交渉力をつけようね」

アメリカへ行きたい。けど、お父さんに許してもらえるやろか?勇気をだして交渉を

「行きたい、行きたい。でも言い出せない」

「今度の夏休み、アメリカへ行きたい。映画でしかみたことないニュー・ヨークのビル。それに自由の女神。ナイアガラの滝。あーあ、見たいな、行きたいな」。祐美はもんもんと考え込んでいた。「どうせ私なんか、過食かかえてるんやもん、行けへんわ。お父さんが許してくれはるはずがない」。喉元まででかかっているけれど、父親の顔をみたらとても言い出せない。「ま、いいか。私はいっつも我慢してきたんや。ゆうてもあかんのやったら、いやな思いさせんとこ」。祐美は、行きたいアメリカへの旅行を言い出せないまま、一月あまりももんもんと過ごしていた。

もやもや感が過食を助長して

セラピスト:祐美さん、そんなに行きたいんやったら、思い切ってお父さんにゆうてみたらどうですか?頭からあきらめていますね。交渉次第ではOKがでるかもしれませんよ。

祐美:でもお父さん、私の言うこと聞いてくれはらへん。自分の意見ばっかり押し通して。

セラピスト:ねばり強くく、食いついてみましょう。私も応援しますから。ダメもとでやってみたらいいんです。ノーと言われたら、次の対策を練って、また挑戦する。そのプロセスで、祐美さんの交渉する力がついてきます。

このあと祐美とセラピストは、二人で話し合った。「こうでたら、こう言ってみよう」「これがダメなら、あの手で」。いつもあきらめて我慢することに慣れている祐美は、考えるだけでもしんどかった。が、こんどはちがう。セラピストが後押ししてくれるというので、勇気がわいてきた。以下は知恵をしぼった祐美と父親の会話である。

食い下がる祐美に、とうとう父親もOKを

祐美:お父さんこんどの夏休みな、アメリカへいきたいんやけど行かしてくれる?

父親:アホゆうな。そんなお金ないぞ。

祐美:そんなら私、バイトしてお金ためるわ。往復の旅費、ためたら行かして。ええやろ。

父親:おまえな、ニューヨークゆうて、治安悪いんやで。こないだのテロ事件忘れてへんやろ。

祐美:そら、覚えてるで。そやけどなあの事件があったから、よけい安全に力いれてるんやで。

父親:一人ではな、女一人では、お父さんようださん。

祐美:一人ちがうで。同じクラスの真希もいっしょやねん。真希むこうに親戚いるんやて。身元引き受けしてくれはるらしいで。なあ、ええやろ。

父親:そうか、しゃないな。ほんなら、行ってこい。お金だけはきちんとためるんやで。

祐美:はーい、がんばってバイトしまーす。バンザーイ!

過食症(拒食症も)からの立ち直りに必要な「交渉力」

過食症(拒食症)の人の多くは、自分がしたいこと、言いたいことを後回しにして抑えてしまう傾向がある。親の顔色をみて、親の意見にあわせて、家庭の雰囲気がこわれないようにと、優先させるきづかい屋さん。ところが後でもやもやとお腹のあたりで不快感がいつまでも漂って。過食症衝動はこんなときに襲ってきやすい。食べることで、もやもや感はスッキリ。しかしこれをくり返していては、本人に人間関係を切り抜けていく力はつかず、過食症(拒食症)から脱皮することは難しい。

「ねばり強く交渉してみよう」と思うなかで、自分は何をしたいかがはっきりとつかめるし、相手との接点を縮めようとする知恵や工夫も湧いてくる。過食症(拒食症)の人は、家庭の雰囲気や、世の中の状態に合わせることはできるのだが、自分を出せず「どうせ出しても私なんか」と、いじけてしまったりする人が多い。

人との間で自分の考えを明確にし、自分の言い分を通すという練習をつむうちに、だんだん生き生きして自分に自信ができてくる。こうした積み重ねが「交渉力」を育てていくし、この力がやがては過食症(拒食症)からの脱皮につながるのである。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」