「小さなひっかかること」を、書き留めて(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
「小さなひっかかること」を、書き留めて(佳代30才 摂食障害・過食症歴5年)

過食症の治療で役立つ小さな質問

  • どうすれば過食を止められますか?
  • 体重を減らしたいんですけど、いい方法を教えてください
  • 過食を治したいんです。他のことはいいんです

こうした質問は過食症のセラピーをスタートしたころよくだされるが、これに対する答えはなかなかでてこない。また出せたとしても、すぐに結果をだすのは至難の業であろう。この種の質問を「過食症の大きな質問」と呼んでいる。これらとは逆に「小さな質問」もある。質問と言えるほどのことでないので「小さなひっかかること」と呼んでいる。

佳代は過食症になって5年がたつ。来所して3年。どうしても前述の「大きな質問」へのこだわりが強く、「私の過食が止められないんだったら、セラピー受けてもムダです」と詰め寄ったり、「こんな太った身体、だれにも見られたくない」と、引きこもってしまったりの連続だった。すったもんだをくり返したすえ、最近ようやく「『大きな質問』にこだわっていても、過食は治らないんだな」、ということがわかってきたようだ。

「食べたくなる」ときはどんなとき?

面接室に座っている佳代の様子がまたおかしい。暗い表情で、元気がない。「どうかしましたか」というセラピストの問いかけにも黙ってうつむくだけ。そばにいる母親が説明をはじめた。(以下はセラピストとのやりとりの抜粋である)

母親:それが、お父さんのことでもめてるんです。もう私も間に入って、疲れてしまいます。

セラピスト:なにかありましたか。

母親:たいしたことやないんです。口にだして言うのもなんか恥ずかしいくらいで。

セラピスト:お母さん、その「たいしたことやない」をお話ください。 いや、ちょっと待って。佳代さんに話していただきましょう。佳代さん、ゆっくりでいいから、なにがあったか話してくれますか?

佳代:(安心したように)あのね、ひっかかってしもて、とれへんのです。なんかもう、腹たって。お父さんきらいや。

セラピスト:ああ、そうですか。お父さんとのことでひっかかることがありましたか?それはどんなこと?びっくりするくらい小さなことでもいいですよ。

佳代:はい、あのね、お父さんね、みかんをナイロンの袋からだしたあと、袋の口をたたまないんです。

セラピスト:袋の口を、ですか?

佳代:はい。それがいやで。気になって、気になって。あんな袋がピラピラして見苦しいわ。

母親:そんなことくらい、自分でそのときゆうたらええのに。

佳代:そんな、よういわん。お父さんこわいもん。

セラピスト:そうですか。その「ひっかかること」が元で、「なんか食べたくなってしまった」というんですね。

佳代:はい。食べたら「ひっかかること」を忘れられる。忘れたい忘れたいが「食べたい」になってしまって、止められられへんのです。

セラピスト:そうですか。その小さな「ひっかかること」ってよくありますか?

佳代:はい、毎日。お父さんだけちがう。お母さんにもある。

セラピスト:そうですか。それじゃその「ひっかかること」を、一度書きとめてみましょうか。できますか?

佳代:どんな紙でもいいですか?やってみます。

母親:先生、そんなアホみたいなことでも書き留めるんですか?

セラピスト:お母さんにとっては、小さいことかもしれませんが、佳代さんにとっては、大きなことかもしれません。いっぺんやってみましょう。

あるある「ひっかかること」いっぱいでてきた

こうして二週間後、佳代はレポート用紙に「ひっかかること」を書きとめてもってきた。「先生、こんなにようけありました」と、佳代の声ははずんでいるし表情も明るい。「エプロンはきちんとたたんでしまってほしい」「タオルは裾をそろえてかけること。ゆがんでるんは見苦しい」「小さいお皿の上に大きいのがのっている。あぶない」というふうに、小さいけれど「ひっかかることが、いっぱい書かれていた」。

「うーん、こんなにありましたか。小さくても溜まっていくとずいぶん大きくなりますね。一つ一つをしっかり見ていきましょう。佳代さん、説明してくれますか」と、セラピストは佳代に語りかけた。一つ一つの小さな「ひっかかること」を指でおさえながら、佳代は生き生きと情景がイメージできるように説明しはじめた。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」