男性の摂食障害淀屋橋心理療法センターのホームページで、摂食障害(過食症・拒食症)の治療の仕方がよくわかります|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
男性の摂食障害淀屋橋心理療法センターのホームページで、摂食障害(過食症・拒食症)の治療の仕方がよくわかります

摂食障害はこれまで97%が女性の症状だったが、この傾向が崩れつつある。以前からも男のクライエントはみられたがきわめて少なかった。それが最近立て続けに問い合わせが増えている。統計をとってその原因を追求したり、傾向を分析するといった段階ではないかもしれないが、当センターで治療した症例をもとにその状況などを概略的に紹介したい。

(1)男性の過食と女性の過食にちがいはあるか?

  • 症状的には食べ吐きがあり、「やせ願望」が根底にあるという点では女性と変わりはない。
  • また食事のカロリーに敏感で、いちいち食材のカロリー計算をして食べるということも同じ。
  • 女性クライエントにありがちな「親はわたしのことわかってくれない」と涙ぐんだり、叱られて落ち込んだりといったことは男性にはみられない。
  • 男性の場合結婚している人もおり、仕事を続けることが困難な場合生活面での大変さは切実である。
  • 男性では、母親に食事の用意を全面的に依存していたり、部屋に釘を打ち付けてドンドンゆわせたり、家族をかなり強引に巻き込むケースもみられる。

(2)どんな症例があるか。

  • 10年以上の引きこもりで、社会との接点が見られない35才の男性。
  • 食事はカロリー計算をして、自分で作ったりもするが、母親に「食べろ」と強要する。

  • 過食と拒食を行ったり来たりしている。
  • 過食モードになると、一日中食べたり吐いたりで動けなくなる。また気分も落ち込みがちでうつがひどいと他の病院に通院し、服薬している。

  • 母親にべったりと依存している29才の独身男性。
  • 職についたこともあるが、続かない。今は引きこもり状態。食事の準備は母親に依存。最初2~3品目だったのが、だんだんエスカレートして10品目も毎回の過食で作らねばならなくなった。十分でないと、母親に暴力をふるう。

  • どうしても食べる物がほしくて、つい万引きをしたり職場の同僚の財布から盗んだりしてしまう既婚の男性。
  • 2人の幼い子どもがいる。仕事が過食のために続けられず今は家にいる。母親との大げんかを経て家族別々に暮らしはじめ状況は好転する。妻との絆も強まり、職もみつかった。過食はまだ多少続いているが、生活状況は大幅に好転した。

(ここで紹介する症例は典型例であって、特定できないよう内容は変えてあります)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」