質問4:父親をきらう、悪く言う|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
質問4:父親をきらう、悪く言う

Q4:「お父さんきらい。顔をみるのもいや」と、父親をきらっています。仕事から帰ってきても「お帰り」も言わず、プイッと部屋に入ってしまったりします。父親は父親で「いつまで食べ吐きやっとるんや」と批判的です。あいだにたって母親の私はどうしたらいいでしょうか?

父親をきらう悪く言う、摂食障害(過食症)の娘(19才)。

ケースの状況説明

「『私が過食してるとき、台所に入ってこないで』って言ってるのに平気で入ってくる。お父さん大嫌い」と、過食症の娘(19才)は言います。「お父さんの食べ方、あれなーに。肱ついたりして」とか「なんで自分でできることやらないで、お母さんに頼むの」と言ったりして、父親に対していつも批判的です。父親は「なんでオレのほうをあんな冷たい目でみるんだ。朝の挨拶だってろくにしないじゃないか」と、怒っています。娘が過食症になってから父娘のあいだがぎくしゃくして、あいだにたっているお母さんはハラハラと気のつかい通しです。娘の方について一緒になって悪くいったほうがいいのか、それとも「悪く言うのはやめなさい」と止めたほうがいいのか迷っておられるようです。

A:アドバイス

過食症になると、今までどうもなかった父娘関係がぎくしゃくしだすということはよくあることです。本人が言っていることを聞いていると確かにもっともなこともありますし、まったくの言いがかりだったり過剰反応だったりすることもあります。お母さんのお迷いへの答えとなると思いますが、「嫌い、腹がたつ」という娘さんの気持ちを聞いてあげるということは大切です。賛成するでなく否定するでなく、ただひたすら聞いてあげるという姿勢でいいでしょう。聞いてもらうだけでスッキリするということもよくありますので。

父親と娘のあいだに問題があったとしても、それが「なんとかしたい」優先順位の一番になってしまうと問題ですね。ちょっとしたアドバイスで良くなるのならいいのですが、なかなかそうはいかないでしょう。父親との関係は悪くてもそこにあまりエネルギーをさかず、母と娘の二者関係に焦点をあてていくほうがいいでしょう。それだけでも過食症の改善をうながすことはできますので。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2009年2月4日

2 摂食障害(過食症)の子を持つ親御さんの不安・疑問

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ「お母さん」のコーナーができました。

  • 「娘が摂食障害(過食症・拒食症)みたいだけど、どこへ相談したらいいのかしら」と不安いっぱいのお母さん。
  • 「どうすれば娘は過食症・拒食症から治るのかしら」と心配でたまらないお母さん。
  • 「なんとしても治してやりたい」と必死の思いのお母さん。

こうした悩みや不安を抱えたお母さんのためのコーナーができました。毎日のカウンセリング(セラピー)治療のなかで、よく出される質問や不安などを選んで、カウンセラー(セラピスト)のアドバイスをもとにまとめています。また治療のなかでみられた印象ぶかい言葉や様子なども合わせて書いていきます。

(登場される方々のお名前は変えてあります。またケース内容は特定されないよう十分配慮をしています)

福田俊一 所長 精神科医、増井昌美 過食症専門セラピスト

  1. 質問1:「娘が過食症です。どうしていいかわかりません。助けてください」
  2. 質問2:自分の作った料理を、母親に食べるよう強要する
  3. 質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる
  4. 質問4:父親をきらう、悪く言う
  5. 質問5:「よけいなことせんといて」
  6. 質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)
  7. 質問7:「過食のお金、あの手この手でつりあげてくるんです」と、困ったお母さん

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」