1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
1.「こんな本あるよ、読んでみて」(淀屋橋心理療法センターから刊行)

* 『過食・拒食の家族療法』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房)
「食べだしたら止まらない」「食べることとやせることで、頭がいっぱい」
あなたもこうではありませんか?本を読もうとしても、テレビを見ようとしても、人と話をしていても、いつも食べ物が頭の中をぐるぐる回って。
過食症の子どもとその家族の悩みは深くつきません。この症状は、じつは本人の生きづらさ、本当の自分探しという心の奥深くに根を張っています。思春期をむかえ、今までの自分から脱皮しようとする成長の節目にまちうける落とし穴ともいえましょう。六つの事例を紹介しながら、解決の方法を探ります。

* 『克服できる過食症・拒食症…こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある』福田俊一・増井昌美(星和書店)
「あきらめたらあかん、こんな私でも治るんや!」
十年以上にわたる摂食障害でも治ると信じ、本人の可能性や家族の力を伸ばしながら前向きに治療を進めていくカウンセラー(セラピスト)たちの姿。「両親のみでも治療をスタートできる」という画期的な取り組みをすすめ、重症化した数多くのクライアントたちを快方へと導いています。

* 『母と子で克服できる摂食障害…過食症・拒食症からの解放』福田俊一・増井昌美(ミネルヴァ書房)
「症状レベルごとの事例紹介と対応のアドバイス」
摂食障害の背景には、母と娘の愛憎ドラマが多くみられます。二人がカウンセラー(セラピスト)の導きや父親のサポートを得て葛藤をのりこえ、分かりあい支えあう関係に生まれ変わることで、驚くほど症状は良くなっていきます。
本書では症状を三段階に分けて、適切な対応やアドバイスを示しています。摂食障害にかかったころの初期段階、早く手を打てば良くなる第二段階、そしてこじれて長期化した段階。いずれも治る可能性は十分にあるのです。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2011年8月29日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」