6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症

冬休みが終わりました。お正月やスキー旅行など、楽しいスケジュールがいっぱいの冬休みです。しかし過食症の人にとっては、親戚の人がやってきたり下宿をしていた兄姉が帰ってきたりと、いつもの過食パターンが崩れがちでてしんどいことの多い休みです。

過食症の美穂さんが明るい表情でカウンセリングに

美穂さんは高校2年生。過食症になって1年、初めて迎えるお正月でした。過食症専門セラピストは「さあ、きょうは美穂さんのグチをいっぱい聞かされるぞ」と、覚悟を決めてまっていました。ところが意外に明るい表情で美穂さんはお母さんといっしょにやってきました。

「お正月でなにかいいことがありましたか」と聞くと、美穂さんはちょっと首をかしげて「うーん、お母さんと数の子のうす皮むきをしたことやろか」と、お母さんの顔をみあげます。「え、数の子のうす皮むき?」とセラピストがふしぎそうに言うと、「そうなんです、先生。こんなことがあったんですよ」と、お母さんの話が始まりました。

少しづつ少しづつ良くなっていく過食症。

キッチンでお正月のおせちをつくっていた美穂さんとお母さんの会話です。

美穂:えーい、この皮とりにくいなー。

母親:数の子はね、うすーい皮をかぶってるんやで。そんでね、これ端からゆっくりはがしてみー。そしたらスーッととれるから。あせったらあかんのや。

美穂:あ、ほんまや。ゆっくりとったら、きれいにとれるね。

母親:そうそう、その調子。このうす皮がむけたらな、味がしっかりしみ込んでおいしくなるんやで。

美穂さんは、お母さんの話しを聞いて過食症のカウンセリングを思いだしました。

「食べたくて、食べたくて・・・食べ物のことしか考えられなくて、なにもできなーい!私、もうなおらなーい!」と、泣いていたときのことです。「美穂さん、過食症はいっぺんには治りませんよ。ゆっくりとうす皮を一枚一枚はぐように良くなっていくんです。あせらず小さな工夫と努力を積み重ねていきましょうね」と、過食症セラピストに言われた言葉を思い出したのです。

美穂:お母さん、私カウンセリングで先生に言われたこと、今やっとわかったわ。

母親:え、とつぜんどうしたの。なにがわかったの?

美穂:「うす皮を一枚一枚はぐように良くなる」って、こういうことやったんやなって。あせらずゆっくりはいだら、きれいにはがれるやん。過食症の治り方もこういうふうに良くなっていくんやなって思ったの。先生のアドバイスもきっと私にしみ込みやすくなるんやろなって。

話すお母さんの表情も明るくなっていました。「美穂が『そう思えたら、あせりがスーッと消えて、気持ちがとても楽になった』って言うんですよ。私もうれしかったです」と、お母さん。「はい、そうなんです。先生、私も今年はあせらず、じっくりゆっくり取り組んでいこうと思っています。よろしくお願いします」と、美穂も元気よく言いました。

年の始めのカウンセリングで、とてもうれしい言葉が聞けてさい先の良いスタートがきれました。

(2008.02.06)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2008年2月6日

4 摂食障害(過食症)―立ち直りのきっかけは身近にあります

カウンセリングでみえてきた小さな良い変化や、ほのぼのとしたエピソード、治療者の何気ない一言などが、過食症の立ち直りに良い影響をもたらすことがよくあります。それをきっかけにぐんぐん良くなっていかれる姿をみるのは、とてもうれしいものです。このシリーズは、治っていかれる途中の良い風景を取り出して紹介していきたいと思います。(M)

  1. 1話:うれし涙―「お母さん、私の話しよく聞いてくれるようになった」と、うれし涙を
  2. 2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」
  3. 3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて
  4. 4話:えらいな―「どんなとき過食したくなるのかわかるって、えらいなー」
  5. 5話:わかってもらえた―「やせることは命よりも大事」だと、わかってもらえてうれしい
  6. 6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症
  7. 7話:学んだこと―「過食症になって、人に合わせすぎてはいけないってことを学びました
  8. 8話:文句言い―しっかりとお母さんに文句が言えてますか?(千加 高三、過食歴一年)
  9. 9話:ほめてほめて―「じょうずやね」と母親がほめて、子が母を指導(瑛子23才、教師)
  10. 10話:コアラの人形―関心の対象が、安心できる方面にどんどんひろがってきた(美樹18才)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」