3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて

柚子の季節がやってきました。あのあまーいそれでいてすっきりするような香りに、思わず顔を近づけたくなります。このころになると、いつも笑顔でやってくる過食症の恵子さん(17才、高2)がいます。

「過食症やから・・できない,○○するのいやや」

せっかく入れた第一志望の高校だというのに、今では不登校ぎみ。行ったり行かなかったり。恵子さんは過食症になってから、なにをやっても中途で投げ出してしまいます。

「だって私過食症やもん・・そんなしんどいことやってられないわ」 

「太ってるから外に出るのいや。こんなからだ、だれにも見られたくなーい」

「食べ物が頭のなかをぐるぐるまわってるから、私、なにもできない」

恵子さんは、いつのまにか「だって私過食症やから・・そんなことできない、するのいやや」が口癖になっていました。

くもりガラスに「お父さんのバカ」って書いた

「小さな良いことさがしませんか」と、過食症のセラピスト(カウンセラー)は、語りかけました。

「小さな良いことって?」

「毎日の生活のなかで、あれって思うほどささやかな良いこと。うーん、たとえばね、『あんころ餅、やわらかくておいしかったよ』とか『庭のさざんかの花、咲いてたわ』とかなんだけどね」

恵子さんは首をかしげて考えていました。「こんなんでもいいんやろか。お風呂でね、湯気でくもったガラス にね、「お父さんのバカ」って書いたんや。おかしかったわ」。「うん、うん、そんなんでいいのよ。あ、お風呂で思い出した。これあげる。柚子っていうんよ。お風呂に浮かべたらええ香りするよ」と、セラピストは一個の黄色い柚子を手わたしました。

柚子の香りが恵子さんを包んで、過食を忘れさせてくれた

次のカウンセリング面接に恵子さんは、少し元気になってやってきました。「先生、これあげる。こないだのお礼」と、手には柚子がにぎられています。「お風呂にほりこんで『ええにおいやなー』ってかいでたら、スーッとしてきて」と、うれしそうに話します。いままで恵子さんがこんな笑顔で話したことはありませんでした。「あのね、あとで気がついたんやけど、そのとき、食べ物のこと、わすれとったわ」。「えー、ほんと!柚子の香りが過食を忘れさせてくれたの」と、セラピストはびっくり。そして「あー、これが先生の言われた『小さな良いこと』やろか」と、気づいたと話します。

それから恵子さんは、積極的に「小さな良いこと」をさがしはじめました。「わたし、青い空に白い雲って、こんなにきれいやったなんて気がつかなかったわ」「イチョウの葉っぱ、黄色くなってきれいやわ」。そして「しんどくて、私、なーんもできひん。だって私、過食症やもん」という言葉がいつのまにか消えて、食べる回数や量も少しづつ減ってきました。

「あの柚子が、お風呂に浮かべるとなんともいえない香りがたちこめ、心とからだをフワーッと包んでくれて、恵子さんの過食症からの立ち直りに、大きなきっかけを与えてくれたんだな」と、セラピストはしみじみと思いました。

(2008.01.15)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2008年1月15日

4 摂食障害(過食症)―立ち直りのきっかけは身近にあります

カウンセリングでみえてきた小さな良い変化や、ほのぼのとしたエピソード、治療者の何気ない一言などが、過食症の立ち直りに良い影響をもたらすことがよくあります。それをきっかけにぐんぐん良くなっていかれる姿をみるのは、とてもうれしいものです。このシリーズは、治っていかれる途中の良い風景を取り出して紹介していきたいと思います。(M)

  1. 1話:うれし涙―「お母さん、私の話しよく聞いてくれるようになった」と、うれし涙を
  2. 2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」
  3. 3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて
  4. 4話:えらいな―「どんなとき過食したくなるのかわかるって、えらいなー」
  5. 5話:わかってもらえた―「やせることは命よりも大事」だと、わかってもらえてうれしい
  6. 6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症
  7. 7話:学んだこと―「過食症になって、人に合わせすぎてはいけないってことを学びました
  8. 8話:文句言い―しっかりとお母さんに文句が言えてますか?(千加 高三、過食歴一年)
  9. 9話:ほめてほめて―「じょうずやね」と母親がほめて、子が母を指導(瑛子23才、教師)
  10. 10話:コアラの人形―関心の対象が、安心できる方面にどんどんひろがってきた(美樹18才)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」