2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」

うれしい一通の年賀状

お正月があけて「さあ、今日から新しい年の仕事がスタートだ」と、勢いよく職場のドアをあけました。たくさんの年賀状のなかで、なつかしい名前の一通に目がとまりました。

『明けまして おめでとうございます。
先生お元気ですか。私は昨年の秋、やりたかった【子ども英語教室】を開くことができました。いっしょに英語の歌を歌ったりパズルをしたり、本当に楽しい毎日です。過食もいまはすっかり良くなり、食生活もふつうになりました。ハッピーな人生を歩んでいます。・・・』

年賀状の下のほうには、「白雪姫と七人の小びと」のコスチュームをつけた子どもたちの笑顔いっぱいの写真が。そして「魔法使いのおばあさんが私です」と、小さな字で書き加えてありました。クリスマスで英語劇を発表したようです。今から3年前に、ここ淀屋橋心理療法センターで過食症の治療をうけ、卒業していった真美さんからの年賀状でした。

10年の過食症を、治療スタートして2年で克服

真美さんが過食症にかかり来所するまでに、すでに10年が経過していました。「10年か、これは手ごわいぞ」と、気持ちが引きしまったのを思いだします。治療をスタートして2年後、真美さんは過食症を克服して巣立っていきました。カウンセリングでのいろんな場面が思いだされます。

文句もいっぱい言えるようになった

  • 「食べ物をテーブルのうえにおかないでって言ってるでしょう」
  • 「お母さん、私の部屋にかってに入ってくるのやめてよ」
  • 「こんな色のTシャツ、私いや。なんでこんなん買ってきたの」

母親との激しい舌戦がなんどかくり返されて

「お母さんはなんでもかんでも私のすることに反対して。私は自分のやりたいことをやるの。だまっといてよ」と、叫んでいた真美さん。「おとなしい良い子だったのに」と、一時お母さんも嘆かれて。でも真美さんはそんなお母さんに向かっても、やりたいことを押し通していきました。

過食症と戦いながら、自分の夢=やりたいことを追い求めていく大切さに気がついて

「あのね、夢ってもつことがだいじなんですね。夢って実現できるためにあるんですね。私の夢は子どもの英語教室を開くことなんです」と、目を輝かせて話していた真美さん。

夢の実現に向かってひたすらGo!

夢がはっきりして、その夢を実現することの大切さを過食症セラピストから話してもらい、真美さんの過食症への取り組みが積極的になってきました。過食の量や回数を減らす工夫をしたり、明日の活動にさしつかえないよう、過食を終える時間を調整したり。そしてとうとうアメリカへの短期語学留学を果たすことができました。帰国してから「子どものための英語教室」を開いたようです。

「過食症は私が夢をかなえるために必要な人生の経験だったんだなって思います」と、しめくくってある年賀状は、過食症セラピストにとってもうれしい年の幕開けでした。

(2008.01.07)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2008年1月7日

4 摂食障害(過食症)―立ち直りのきっかけは身近にあります

カウンセリングでみえてきた小さな良い変化や、ほのぼのとしたエピソード、治療者の何気ない一言などが、過食症の立ち直りに良い影響をもたらすことがよくあります。それをきっかけにぐんぐん良くなっていかれる姿をみるのは、とてもうれしいものです。このシリーズは、治っていかれる途中の良い風景を取り出して紹介していきたいと思います。(M)

  1. 1話:うれし涙―「お母さん、私の話しよく聞いてくれるようになった」と、うれし涙を
  2. 2話:夢かなう―「こんなに元気になりました。やりたかった夢がかない、幸せです」
  3. 3話:柚子の香り―「しんどくて私、なにもできない。だって過食症やもん」が消えて
  4. 4話:えらいな―「どんなとき過食したくなるのかわかるって、えらいなー」
  5. 5話:わかってもらえた―「やせることは命よりも大事」だと、わかってもらえてうれしい
  6. 6話:少しずつ―うす皮をはぐように、少しづつ少しづつ良くなっていく過食症
  7. 7話:学んだこと―「過食症になって、人に合わせすぎてはいけないってことを学びました
  8. 8話:文句言い―しっかりとお母さんに文句が言えてますか?(千加 高三、過食歴一年)
  9. 9話:ほめてほめて―「じょうずやね」と母親がほめて、子が母を指導(瑛子23才、教師)
  10. 10話:コアラの人形―関心の対象が、安心できる方面にどんどんひろがってきた(美樹18才)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」