2.過食症を克服し就職できた!摂食障害専門外来の力は大きい(過食症歴6年 29才)|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
2.過食症を克服し就職できた!摂食障害専門外来の力は大きい(過食症歴6年 29才)

過食症を発症して6年がたつ。淀屋橋心理療法センターにある摂食障害専門外来でカウンセリング治療をスタートして、 2年後には過食症も嘔吐も止まり就職することができた。症状が重かったわりには、比較的早く過食症克服への道を歩めたケースである。(瑠美29才)

過食症嘔吐に苦しんで病院などを転々とした6年間

過食症になって6年目に初めて淀屋橋心理療法センターの摂食障害専門外来に来所した瑠美さん。29才とあるから、発症したのは23才になる。食べては吐き吐いては食べの状態がつづき、勤務していた職場も退職を余儀なくされたということだった。この6年のあいだ、病院に行ったりカウンセリング治療を受けたり、断食道場のようなところへ行ってみたりと、いろんな方法で治るための努力をしていた。

瑠美さんが体験した他の病院やカウンセリング治療でのアドバイス

  • 病院A:この程度の過食症なら大丈夫。すぐ治ります。吐くのやめて栄養剤をのみなさい」と言われ、瑠美は安心してしまった。
  • 病院B:「食べた物すべての記録をつけてきてください」と言われたが、瑠美はつけるのがいやになり続かなかった。
  • カウンセリング:「食べるのをガマンしましょう。あなたは辛抱が足らないんです」と言われて、瑠美はむかついて帰ってきた。
  • 心療内科:「ダイエットの行き過ぎですから、親がどうこういうことありません。自然に時間がたったら治ります」と言われ、今度は親が安心してしまってそのままに。過食症はだんだん悪くなっていった。

いろいろな医療機関やカウンセリングにかかり親子で努力はしたけれど、良い結果をみることはできないまま6年がたってしまったという話しだった。

「吐いたらあかん」と怒る母親、追いつめられて瑠美はリストカットを

過食症とはいえ食べたらすぐに吐くので、瑠美はガリガリにやせている。「ほんまにあんたは過食症なんか、このからだ。ガリガリやないか。もう吐いたらあかんよ、わかった!」と、母親は怒る。けれど瑠美さんにとっては、「吐くな!」と言われることが一番つらかった。吐かなければ、太る恐怖が襲ってくる。たまらず瑠美さんは「ほっといて、なによその目つき。私を監視してるんやろ」と、けんか腰に言い返してしまった。

「また吐いたんか。臭いやないか」と父親が嫌みを言うと、「トイレ汚れてるで。姉きー、たまにはきれいにせーや」と、弟からも文句がでる。

瑠美は家族みんなから責められて、追い詰められた状態になった。そんなときだった。瑠美がリストカットをしたのは。
左腕の内側に赤く血のにじむ切り傷が痛々しく3本ついていた。

この事件で両親の目はさめた。母親は「お父さん、瑠美をせめるばっかりやったらあきません。えらいことになりますよ」と言って、まず二人で近くの心療内科へ相談を。ドクターから「摂食障害はうちでは治療できません。専門家でないと難しいんです。ここへ行ってみてください。摂食障害専門外来もあるし、親にもアドバイスでますので」と言って、淀屋橋心理療法センターのパンフレットを渡された。

「過食症で吐いてるし、リストカットもやってます。助けてください」

両親があたふたと、淀屋橋心理療法センターの摂食障害専門外来にやってきた。手にはパンフレットが固く握りしめられている。

瑠美は「吐くな」と言われてリストカット事件をおこして以来、ぐったりして気力がない。なにを聞いても答えない。そんな状態だというのに、どういうわけか過食嘔吐だけは止まらない。「お母さん、過食する食べ物、買ってきて。これに書いといたから」とメモをわたされる。「過食して吐くとわかっていて買ってきてよいものやら、悪いものやら。それにいつまたリストカットするかわかりません。私ら親は生きた心地がしないんです」と、母親は不安げな顔つきで話した。父親も「私も今までずいぶん娘を傷つけるようなこと言うてしまって。そんでもどないしたらええかわかりません。助けてください」と、訴えた。

摂食障害専門外来の力は大きい「もうここしかない。瑠美の過食症を救ってやれるのは」 

いままでの事情を聞いて過食症専門セラピスト(以下セラ)は、過食症の治療について説明を始めた。以下はその要約である。

セラ:当センターはご家族を含めたカウンセリング治療をおこなっております。本人はもちろんのこと、ご両親のかかえておられる疑問や不安にもお答えしていきます。家で実行していただくアドバイスや課題をさしあげます。その課題をやっていただきますと、ほとんどのケースは3ヶ月後良い変化が出てきます。そこが一つの関所ですね。そこを乗り越えさえすれば、あとの道は自然に開けてきます。しかし楽な道ではないですよ、お父さん、お母さん頑張って私についてきてくれますか?

母親:はい、がんばります。なあ、お父さん、一生懸命先生についていきましょね。

父親:そうや、もうここしかない。瑠美を過食症から救ってやれるのは。

母親:先生、どうかよろしくお願いします。なんとか娘の過食症嘔吐を治してやりたいんです。

セラ:ご両親の「なんとか治してやりたい」という熱意が、一番大切です。三人四脚でがんばりましょう。

三人四脚とは、父親、母親、専門家(セラピスト)の三人である。それから瑠美の過食症克服を目指して、両親の淀屋橋心理療法センターにある摂食障害専門外来通いがはじまった。

「過食症や嘔吐を非難する目を、見守る目に変えていきましょう」

両親から過食症に関する心配なこと、腹の立つこと、困ったことなどが、セラピストにどんどん話された。

  • 「先生、瑠美は夜中じゅう起きて食べて吐いて、ゲームにふけってるんです。こんなんでええんでしょうか?」
  • 「『過食の食べ物を買うお金を、もっとくれ』と、要求してきます。どうしましょう?」
  • 「心療内科でもらった抗うつ剤をのんでます。量が増えないかと心配です。薬を飲まないようにしたいんですが」
  • 「トイレで吐いたあと、掃除せんと汚したまんま出てくるんです。なんとかなりませんか?」
  • 「夕飯なんか、ちょっとでも約束した時間に遅れると、怒り狂ったように文句いいますねん」

出てくる、出てくる。両親から瑠美の過食症や嘔吐にまつわるいろんな不安や不満が。過食症専門セラピストはしっかりと耳を傾けながら、両親の一つ一つの不安・不満に対してていねいなアドバイスを与えた。「瑠美さんはこれから元気になっていくにしたがって、ちょっとしたミスも許せなくなります。また白黒はっきりつけないとおさまらないことがよくあります。あいまいな状態が許せないんです。これは周りの人にとってはうっとうしいのですが、過食症嘔吐が良くなるサインなんです。できるだけ非難ではなく、見守る目と気持ちで聞いてあげてください」。

アドバイスを守りながら、両親は努力と辛抱を続けた。また毅然とした態度で子どもに譲ってはいけないと指摘されたところは背筋を伸ばして譲らないように頑張った。出された課題も守ってきちんとこなしていた。二人には「なんとか瑠美を、過食症の穴から救いだしてやりたい」という気持ちでいっぱいだった。そして気がついたら3ヶ月がたっていた。

瑠美に良い変化が(吐く回数や時間の短縮、機嫌のなおりが早く)

瑠美が良くなってきた点が母親から報告があった。「先生、このごろ食べる回数が減ってきました。吐く時間も1時間くらいに短くなってます」と。

父親からは「怒るんは怒るんですけど、機嫌がなおるんがはよなってきたように思います」と。そして朝のエピソードが話された。「今朝、私が新聞読んで自分の部屋においたまんまやったんです。『新聞ない、どこや』ゆうて、探しまわって。『三面記事、ないやんか』と言われて。たまたまおったミー(猫)が、ぐしゃぐしゃにしてしもたんで、捨てたんですわ。そない言うたら、切れてしまいました」。瑠美は物を投げたり、机を蹴ったりして怒り狂っていたところが、ほっといたら、10分くらいで普通にもどったという。「びっくりしました。前やったらおさまるまで、1時間は覚悟せなあかんかったんですけど。えらい機嫌なおるんがはようなったな、お母さん」。

「いやー、そうですか。それは過食症が治る上でいい変化ですね。気持ちの切り替えができだしたということです。過食症のコントロール力にもつながっていく変化ですね。これからも機嫌がなおるまでの時間はみといてください。 怒ったあとどれくらいで機嫌なおるかは、確実な過食症治癒の目安になりますから」と、セラピストはコメントを与えた。

瑠美は怒りや不満を言葉で伝えることができるように

怒りをまわりの家具にぶつけることしかできなかった瑠美だが、半年たち一年たち、だんだんと感情のコントロールができてきた。「ごめんねお母さん、ちょっとイライラしてお茶碗壊してしまってん」とか「きょうの夕飯、私食べるんやめとく。夕方、お腹減ってケーキ食べ過ぎてん。太ったらいややから。せっかくつくってくれたのに悪いね」とか、言葉で伝えることができるようになった。

「すごく良い変化がでてきましたね。気持ちを言葉で伝えられることは、過食症を克服する確かな手応えですよ」と、過食症専門セラピスト(カウンセラー)はコメントした。瑠美の過食症はそれからというものどんどんと、治る道筋をかけ登っていった。その途中では過食症がもどったり、落ち込んでうつ状態になったりしたが、「深刻にならなくてもだいじょうぶです。カウンセリング治療でお出しするアドバイスをしっかりと守っていてくださりさえすれば」と、セラピスト(カウンセラー)は両親を励まし続けた。

2年後に瑠美は過食症を克服し、会計事務所に就職を

克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある

セラピスト(カウンセラー)のアドバイスを守る両親の頑張りが効果をあげた。来所して2年たち瑠美は会計事務所に就職を果たし働くことができるようになった。初めてのお給料で、両親にプレゼントも買ってきた。過食症も、ほとんど克服できたといっていい。

過食嘔吐はストレスがたまった時に、思い出したようにするだけ。「だいじょうぶ、もうあんなむちゃくちゃな食べ吐きはせーへんからね。それよりあんなに過食症に振り回されていた私が、会計事務所に就職できたなんて!うれしいな」と、瑠美は笑いながら両親に話している。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター大阪
摂食障害専門外来(06-6866-1510)
福田俊一(所長・精神科医、カウンセリング治療歴40年)
増井昌美(過食症専門セラピスト、カウンセリング治療歴30年)

2013年10月8日

10 摂食障害(過食症)-「克服できちゃった」この日は必ずやってきます

克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある頑固で治りにくい摂食障害・過食症ですが、いろんな努力や工夫をへて、明るくいつのまにか治癒へと歩んでいった本人と家族の姿を紹介していきたいと思います。 セラピー(カウンセリング)のなかで、セラピストのタイムリーなアドバイスなどをきっかけに、本人や家族が葛藤をへて協力する姿、気づき、克服できた喜びなどが、とても印象的でした。「克服できちゃった」というタイトルは、過食症にかかっていた本人の言葉をちょうだいしました。6つの記事があります。

  1. 1.摂食障害(過食嘔吐)が長引いて、不登校からひきこもりに(過食症歴3年 高3)
  2. 2.過食症を克服し就職できた!摂食障害専門外来の力は大きい(過食症歴6年 29才)
  3. 3.「摂食障害・過食症が、ほんとうに良くなりました」と母親がうれし涙
  4. 4.「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)
  5. 5.母親への対応アドバイスで、改善の道へ(礼子20才 摂食障害・過食症歴3年)
  6. 6.小さな良い変化がでてきたら、治るきっかけがつかめるかも・・(美香28才 摂食障害・過食症歴3年)
  7. 摂食障害を克服して

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」