ひきこもり過食10年のMさんと、メールのやりとりで克服への道|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
ひきこもり過食10年のMさんと、メールのやりとりで克服への道

きっかけはこの本でした「過食症と拒食症―危機脱出の処方箋」

過食症と拒食症 - 危機脱出の処方箋

十年に及ぶ過食症とひきこもりのMさんのお母さんは、この夏に初めて来所した。大阪とはかなり離れた広島から、新幹線をのりついでやってきた。いままで心療内科の門をたたき診察を受け、病院の精神科にも入院したことがある。しかし過食症は治らなかった。「もうダメ。私の過食は治らない。一生このままなんだ」と絶望感でいっぱいになり、今はひきこもりの生活になっているという。そんなとき母親が本屋さんでふと目にしたのが、「過食症と拒食症」―危機脱出の処方箋(星和書店)だった。「藁にもすがる思いです。なんとかして治してやりたい。それができるのなら、ここまで通ってきます」と事前相談で母親は言った。母親の目は真剣そのものだった。

「太ったみにくい姿を人に見られるのがイヤ!」と過食症10年のMさん

Mさんは過食症でありひきこもり。だから食べ物も母親に買ってきてもらう。外にでることはほとんどないという。「『太ったみにくい姿を人に見られるのがイヤ!』と言うんです。だからカウンセリングにも来られないと思います」と、母親は話した。「そうですか、困りましたね。過食症は本人から話を聞かせてもらうことが、カウンセリング治療の方針を決めていくんですが。もちろんご家族の協力は欠かせません。本人、家族、治療者の三者が一丸となって初めて過食症を克服する道を歩めるんです」と、セラピストは説明した。

なんとかMさん本人から話しが聞けないものか。そこで考え出したのがメールのやりとりである。幸いMさんの部屋にパソコンがあり、インターネットやメールはできるという。おそるおそるMさん宛にメールをうってみた。返事は返ってくるだろうか。よけいいやがって、拒絶感が増すのではないだろうか。担当の私もヒヤヒヤであった。「Mさん、はじめまして。私は過食症を専門に担当しているセラピストです。毎日過食症で苦しんでいる人たちと、お会いして話を聞かせてもらっています。---(略)だんだん元気になっていかれるのが私の一番の生きがいです。よかったらお返事ください」。

「Mさんからメールがきた!」ひきこもり過食が治る手がかりができた

明くる日返事が入っていた。「メールありがとうございました。私の気持ちを誰かに話したい、わかってもらいたいと思いながら悶々としています。先生からのメールを読んでなんとなくホッとしました。どれだけ話せるかわかりませんが、書けるだけでよかったら書きます---(略)」。このメールを読んで担当セラピストもホッとした。「これでひきこもり過食が治る手がかりができた」。そしてMさんと担当セラピストのメールのやりとりはスタートした。

カウンセリングにはじめてやってきたMさん、「過食症の克服、がんばります」

最初は雑談が中心。大阪の様子や、きのう食べたものやテレビ・ゲームの話しなど。やがてお父さんへの不満、お母さんへの愚痴などもいつしかまじるようになった。そんなやりとりが一月続いたころ、Mさんはカウンセリングに初めてお母さんとともに来所した。遠い広島から出てくるのはどんなにか大変だっただろう。近くのスーパーにもいけない状態であるのに。それでもいままでのメールのやりとりがあるので、初対面という感じがお互いにしなかった。母親がいると話しにくいこともあるだろうと、個別カウンセリングの時間ももうけた。思ったよりも、よく話してくれた。Mさんは「過食症の克服、がんばります」と言った。

それ以来一週間に一度の面接に、Mさんは必ず来るようになった。お父さんが一緒のときは少し固くなって話しにくそう。それでもやってきた。過食症の治療は少しづつ前進している。

本人が来られないとき、摂食障害(拒食症/過食症)の治療は難しい。家族の方の熱意がなくては、治療者側も引き受けることはできない。本ケースは「なんとか治してやりたい」という母親の熱い気持ちがあったからこそ、お引き受けできたのである。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

2013年9月9日

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」