4.子どもの体重が増えて親は喜んでいるのですが、子どもは機嫌が悪くて困っています。なぜこのようなことになるんでしょうか?|摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)

摂食障害 カウンセリング治療専門外来(過食症・拒食症)
4.子どもの体重が増えて親は喜んでいるのですが、子どもは機嫌が悪くて困っています。なぜこのようなことになるんでしょうか?

【質問4】カウンセリングがスタートして三週間たったころ、子どもが食べ始めたのでホッとしました。見ていると食べられる種類も広がってきたようです。体重が少しづつ増え私は喜んでいたのですが、子どもの機嫌が悪く気持ちも不安定で困っています。なぜこうなるのでしょうか?

【答 え】拒食症のカウンセリングが進んでくると、食べることについては『どんなタイミング』で『何をどれだけ』食べるかは、子どもに任せるよう指導します。こうして今まで親に「食べろ、食べろ」と言われ続けていた子どもは、「食べる物を自分で決める」という体験をすることで、自主性を伸ばすきっかけになることがよくあります。

子どもは食べることにはしぶしぶでしょうが、「一日にお茶碗一杯、ご飯を食べることにしたよ」と自分で決めたりします。ようやく食べることに積極的になってきた娘の姿を見て,親はヤレヤレと安堵の胸をなでおろします。

体重が増えると親は「子どもが死ぬのでは」という怖い気持ちから解放されて、じんわりと喜びをかみしていることでしょう。しかし子どもの心は逆であることを忘れてはいけません。子どもの心のなかの「やせ願望」は、自分から食べるようになっていても全く変わっていません。むしろ体重が増えていくことで、「このまま増え続けるのでは」と不安になったり、「太って醜い体になるのでは」と思ったり、不機嫌な状態になっています。これが親と子のギャップを生み出します。喜びつつも子どもがこういう気持ちでいることをわかってやりましょう。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(摂食障害専門セラピスト)

2011年4月11日

4 摂食障害(拒食症)の子をもつ母親の不安や疑問

拒食症の子どものお母さんから、よく出される質問にお答えする内容となっています。

過食・拒食の家族療法

神経性食欲不振症(拒食症)の診断基準

【厚生省特定疾患・神経性食欲不振症調査研究班】

(当センター福田所長研究班メンバー1984~1986)

  1. 標準体重の-20%以上のやせ
  2. 食行動の異常(不食、大食、隠れ食い、など)
  3. 体重や体型について歪んだ認識(体重増加に対する極端な恐怖など)
  4. 発症年令:30歳以下
  5. (女性ならば)無月経
  6. やせの原因と考えられる器質性疾患がない

「チーム医療としての摂食障害診療」(診断と治療社2009))

  1. 1.娘は食が細くやせているのに、体重を量ろうとしないのですが、どうすればいいでしょうか?
  2. 2.体重が何キロを割ったら「拒食症」と考える必要があるのでしょうか?
  3. 3.食後走り回ったりして「体重を減らそうとします」止められないでしょうか?
  4. 4.子どもの体重が増えて親は喜んでいるのですが、子どもは機嫌が悪くて困っています。なぜこのようなことになるんでしょうか?
  5. 1.食べることに関しては、母親は口をはさまないほうがいいんでしょうか?
  6. 1.ダイエットから体重が減りすぎて不安な母親「この子、ひょっとして拒食症!?」(拒食症歴1年 中3)
  7. 1.娘の体重が減りすぎて不安な母親。「入院させたいんだけど」(亜由美 24才 拒食症歴5年)
  8. 1.「バレエ発表会が終わったらお弁当の量を増やす」と約束したのに(舞 中3 拒食症歴2年)
  9. 1.「カウンセリングと病院をかけ持ち」してもだいじょうぶでしょうか?(愛美 中2 拒食症歴1年)

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

母と子で克服できる摂食障害

母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

過食症専門

淀屋橋心理療法センターの過食症専門ページです。

拒食症専門

淀屋橋心理療法センターの拒食症専門ページです。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」