「拒食症・過食症、ダイエットからはまる若い女性たち」|淀屋橋心理療法センターとは

淀屋橋心理療法センターとは
「拒食症・過食症、ダイエットからはまる若い女性たち」

ダイエットをきっかけにして、摂食障害(拒食症・過食症)にはまっていく女性が多いという状況を、関西テレビ「F-CUBE『ザ・プレミア』」の番組がとりあげました。ディレクターの山本さんが、当センターに取材にこられました。

『きれいになりたいという願望からはじめるダイエットだが、なぜはまっていくのか?』というインタビューに、当センターの福田所長が答えています。

取材内容は、3月15日関西テレビで午後4時25分から放映されました。内容をまとめてお伝えしましょう。

Q:山本氏、A:福田所長

Q:若い女性がダイエットをして拒食症・過食症になるということですが、実際はどうなんでしょうか?

A:ダイエットブームですから、来られる数も急激にふえていますね。ただ拒食症・過食症にかかる人は、はまる人たちです。みなさんがそうなるんじゃないんです。

Q:はまるというのは、どういう人が?

A:子どものころは気づかいができて、しっかり努力して、みんなに良い子だと評価されている人が多いですね。思春期になると、今までとはちがう本来の自分が首をもたげてきます。しかしまだ自分では気づいていません。

Q:そういうときの女性の心理状態はどんなんでしょうか?

A:とにかくやせ願望が強い。「やせることでしか自分の存在価値がないんだ」というくらい強い思いこみがあります。「これを食べたら100g太るということが、人生で一番重要なことだ」という思いこみです。

Q:「食べる、吐く」ということは、罪悪感がでてくるというふうに聞きましたが?

A:ちょっとでも太るという自分がいや。太るのがいやなのに、食べるという誘惑に負けてしまった自分がいや。きちっとした価値観を持っている子が多いですから、そんな自分がいやでたまらない心境です。また気づかいの多い子ですから、親に心配をかける、それがいや。そんな気持ちから罪悪感を感じたりするんだと思います。

Q:ダイエットして、痩せやせたい。でも食べたい。食べると太るのがいやで、吐いてしまう。こんな心境ですか?

A:やせ願望が強いので、ずーと食欲を抑えていますが、どこかでワッとでてくるんです。本能に負けてしまう。太りたくない、でも食べたい。翌日ワッとたべてしまう。吐く、やせる。こんな繰り返しが続いているという感じです。ストレスがかかると食べてしまうという、ストレス解消法になっていたりもします。しかし根っこは「太りたくない。やせていたい」という気持ちがあります。

Q:隠れて食べるというのは?

A:親への気づかいが大きいですから「問題を大きくしたくない、心配させたくない」という気持ちから自分の部屋でこっそり食べたりします。また見られて「これは大変。なんとかしないとだめじゃないの」と、つっこまれるのがいやという気持ちもあります。

Q:新興宗教にのめりこむみたいにダイエットにのめりこんでしまう、というのはありますか?

A:もやもやしていたけれど、自分が打ち込めるものがみつかったという感じ。たしかに生きてるという充実感、さわやかな人生感があります。ダイエットすることで、親との関係もかわります。今まで食べなかったのに「お母さんが心配するなら食べるわ」と言いながら、かげで食べ物をすてたり。ごまかしつつ自分のやり方をつらぬいているという壮快感があります。今までこんなことはなかった、とても新鮮。つらぬくという快感、密かな快感はとても大きいでしょう。「こういう生き方が自分は好きだったんだな」と、自分なりに目覚めた心境になったりして。

Q:いまの若い人たちが、気軽にダイエットに走るというのをどう思われますか?

A:まあ、文化でしょうね。とくに文明国、豊かな国ほどダイエットが重要な意味をもっています。食べることを拒否することで、私は自己主張しよう。やせてるのが美しいという風潮もあと押ししています。そこへはまっていく人もいるでしょう。なかでもとくにはまりやすい人がいます。

Q:とくにはまりやすい人というのは、やる気がある人というふうにとられませんか?

A:たしかにそうとも言えるでしょう。が、本質的にはまだほんとうの自分の道が見つかっていないので、何かを求めてさまよっている人たちです。どう自分を表現していいかわからない、なにに自分の生きがいを求めていいかわからない人たちです。

Q:さいごに若い人たちに対してのアドバイスをいただけますでしょうか?

A:そうですね、ダイエットもやってみたらいいと思いますけど、「みょうにはまるなー」というときは要注意です。やばい!と感じたら、誰かに相談してみることをすすめます。とくに小さいころからまわりのことにすごく気がつく性格だとか、だれとでも友達になれるという人は、どこか無理をしていることが多いですね。ふだんの生活に息苦しさを感じたら、待てよ、と立ち止まってみたほうがいいでしょう。よく気をつけたほうがいいですね。

山本氏:先生、どうもありがとうございました。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

マスコミ・出版社からの取材

  1. 「女性セブン」(02.11.28号)に、摂食障害へのコメントを求められる
  2. 「健康な子ども」(7月、12月号)に、本『過食症と拒食症』プレゼント企画
  3. 「PLASMA」(2002.nov)に、拒食症、過食症についてティーンズへのアドバイスを
  4. 「健康な子ども」掲載の「本プレゼント企画」に多数の応募者が
  5. 「不登校の子どもと家族」を支える「不登校ガイドブック編集部」より取材を受けて
  6. 朝日放送「NEWS ゆう」出演(03.02.12)
  7. 不登校ガイドブック「プロン・トン・トン」に、当センターが紹介される(M)
  8. 「みんなおおきくなあれ!じゃんぷ」6月号に取材記事が載る(M)
  9. 日経新聞に、当センターの取材記事が掲載される「子育ては やり直せる」
  10. 養護教諭の月刊誌「健康な子ども」(2004年1月号)に淀屋橋の記事が掲載される
  11. 別冊PHPに掲載:特集「子どものキズついた心をいやす家族の役割」
  12. 「健康な子ども」に掲載されました
  13. 『健康な子ども』(2005年5月号)の特集記事をご紹介
  14. 「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される(前編)
  15. 「女性セブン」2005.6.30日号に登場『友だち母娘 - ガラスの絆』
  16. (中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される
  17. (後編1:対人緊張)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  18. (後編2:リストカット)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  19. (後編3:家庭内暴力)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  20. サンケイリビング(2005年8月27日号)「ニート」について
  21. 「佼成」10月号(佼成出版社刊)に、取材記事が掲載
  22. 「テレビドクター」に出演
  23. 「拒食症・過食症、ダイエットからはまる若い女性たち」
  24. 「パニック症候群」が、「健康な子ども」2006年6月号に掲載される
  25. 「見落とさないで!子どものストレスサイン」edu 2012年6月号
  26. CBCテレビの「ゴゴスマ」にひきこもり・ネット依存の件で出演
  27. NTTドコモ「ママテナ」より取材を受け、摂食障害の記事が掲載されました。
  28. NTTドコモ「ママテナ」より「環境の変化に弱い子」への接し方について取材を受けました。
  29. NTTドコモ「ママテナ」より「五月病」について取材を受けました。
  30. 関西テレビ「みんなのニュース ワンダー」に家庭内暴力の件で取材を受けました。
  31. NTTドコモ「ママテナ」より「愛着障害」について取材を受けました。
  32. 関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」のニュースコーナーで「何が 船員実習生の自殺・失踪 相次ぐ」の件で取材を受けました。
  33. 6月14日(木)関西テレビの報道ランナーの「ハマると抜け出せない・・・ゲーム依存の現実とは」というコーナーで、所長の福田のコメントやアドバイスが紹介されました。

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」