サンケイリビング(2005年8月27日号)「ニート」について|淀屋橋心理療法センターとは

淀屋橋心理療法センターとは
サンケイリビング(2005年8月27日号)「ニート」について

わが子が「ニート」にならないために

サンケイリビングの相良記者より、上記のタイトルで取材を受けました。次に紹介するのは、紙面上に掲載された記事です。一般的な「ニート」へのとらえ方が書かれているようです。ここに少し紹介しましょう。

(以下サンケイリビング05.8.27号より抜粋)

親子の会話が「やる気」を育てる

「ニート」という言葉が、ひんぱんにメディアに登場しています。ニートとは、通学も家事も仕事もせず、職業訓練もしていない若者のこと。厚生労働省の発表では、2004年で推計64万人にものぼっています(*)。ニートに陥る一因は、「無気力」なのだそう。そこで、子どもをニートにせず、脱「無気力」で、やる気いっぱいに育てる策を探りました。

* 15歳~34歳の非労働人口のうち、通学も家事もしていない「若年失業者」の数

働くことへの不安、戸惑いが一因に

「うちの子はニートにならないかしら・・・」と、不安に感じている一方で、「ニートなんて関係ない」と思っているミセスも多いのでは。実は、ニートはみんなの暮らしに大きくかかわる問題。働いているフリーターと違い、純粋に労働力の損失になる上、本来、年金を払う世代が、親の年金で養われる逆転現象が起こる可能性もあるからです。

失敗も広い心で受け止めて

・・・また、「『お風呂の中、学校帰り』など、タイミングを見つけ、子どもの話をしっかりと聞くこと。しゃべればしゃべるほど、子どもは意欲がわくもの」と、淀屋橋心理療法センター所長の福田俊一さん。

子どもの気持ちは考えをしっかり受け止める余裕が大切といえそうです。

こんな接し方していない?(チェックリスト作成協力=淀屋橋心理療法センター)

自分の行動を振り返り、ときどきでも当てはまるものにチェックを。 小学校高学年~中学生を想定。

[A]

□学校や友だち、外であったことを、しっかりと聞いていない

□子どもの話の最中に、口をはさんだり、意見を言う

□子どもを聞き役に、愚痴をこぼす

[B]

□子どもが得意なもの・夢中なものを応援できない

□未熟なことを言うと、すぐに訂正・否定する

□あまり好ましくないと思っている友達がいる

[C]

□朝は、どんなにつらそうでもたたき起こす

□食べ残しは認めない

□体調が悪くても、家族の生活リズムを崩さない

アドバイス:[A]が多い人・・・話をもっと聞いてあげよう

子どもの自主性とやる気を伸ばすことにつながります。聞き役に回り、上手に相づちをうって、話しやすい雰囲気づくりを。

アドバイス:[B]が多い人・・・親の価値観を押し付けない

思春期前後は、親から脱皮する「奮闘の時代」。自分の芽が出、考えや好み、やり方などに表れます。親からみて、「間違っている」「もう一つだな」などと思っても、まずは肯定的に見てあげて。

アドバイス:[C]が多い人・・・弱っているときは、ゆっくりソフトに対応

子どもが落ち込んでいるときや、体調不良のときは、ペースを落として。声も低くし、ゆっくり話すほうが子どもは楽。「しんどい気持ちを分かってくれていると、子どもがホッとできることが大切。

(以上)

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

マスコミ・出版社からの取材

  1. 「女性セブン」(02.11.28号)に、摂食障害へのコメントを求められる
  2. 「健康な子ども」(7月、12月号)に、本『過食症と拒食症』プレゼント企画
  3. 「PLASMA」(2002.nov)に、拒食症、過食症についてティーンズへのアドバイスを
  4. 「健康な子ども」掲載の「本プレゼント企画」に多数の応募者が
  5. 「不登校の子どもと家族」を支える「不登校ガイドブック編集部」より取材を受けて
  6. 朝日放送「NEWS ゆう」出演(03.02.12)
  7. 不登校ガイドブック「プロン・トン・トン」に、当センターが紹介される(M)
  8. 「みんなおおきくなあれ!じゃんぷ」6月号に取材記事が載る(M)
  9. 日経新聞に、当センターの取材記事が掲載される「子育ては やり直せる」
  10. 養護教諭の月刊誌「健康な子ども」(2004年1月号)に淀屋橋の記事が掲載される
  11. 別冊PHPに掲載:特集「子どものキズついた心をいやす家族の役割」
  12. 「健康な子ども」に掲載されました
  13. 『健康な子ども』(2005年5月号)の特集記事をご紹介
  14. 「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される(前編)
  15. 「女性セブン」2005.6.30日号に登場『友だち母娘 - ガラスの絆』
  16. (中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される
  17. (後編1:対人緊張)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  18. (後編2:リストカット)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  19. (後編3:家庭内暴力)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  20. サンケイリビング(2005年8月27日号)「ニート」について
  21. 「佼成」10月号(佼成出版社刊)に、取材記事が掲載
  22. 「テレビドクター」に出演
  23. 「拒食症・過食症、ダイエットからはまる若い女性たち」
  24. 「パニック症候群」が、「健康な子ども」2006年6月号に掲載される
  25. 「見落とさないで!子どものストレスサイン」edu 2012年6月号
  26. CBCテレビの「ゴゴスマ」にひきこもり・ネット依存の件で出演
  27. NTTドコモ「ママテナ」より取材を受け、摂食障害の記事が掲載されました。
  28. NTTドコモ「ママテナ」より「環境の変化に弱い子」への接し方について取材を受けました。
  29. NTTドコモ「ママテナ」より「五月病」について取材を受けました。
  30. 関西テレビ「みんなのニュース ワンダー」に家庭内暴力の件で取材を受けました。
  31. NTTドコモ「ママテナ」より「愛着障害」について取材を受けました。
  32. 関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」のニュースコーナーで「何が 船員実習生の自殺・失踪 相次ぐ」の件で取材を受けました。
  33. 6月14日(木)関西テレビの報道ランナーの「ハマると抜け出せない・・・ゲーム依存の現実とは」というコーナーで、所長の福田のコメントやアドバイスが紹介されました。

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」