(中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される|淀屋橋心理療法センターとは

淀屋橋心理療法センターとは
(中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される

本論では、次の6事例をとりあげています。不登校、摂食障害(過食症・拒食症)、対人緊張、リストカット、家庭内暴力です。中編では、初めの3事例を紹介します。1事例づつとりあげながら、要点をまとめてみました。( -- 中略)

毎日ライフ七月号【子どもの心と向き合う】 -- 家族療法で乗りきる子どものトラブル(中編)

事例(1)「不登校」の子どもとの向き合い方

家では元気だが、学校に行こうとしない

T男(小4)が登校をしぶりだしたのは、2学期に入ってまもなくのことでした。 -- 「はじめは朝起きをぐずり出して。起こしにいくと、『しんどい』と言って。 -- 「怖い顔で起こすから、起きられなかった」とか、私に非があるから学校に行けないというような文句を言いだし、学校に行こうとしません。熱を測ると37度ほどあって、体の調子もよくないようで」。 ところが学校へ「きょうは腹痛で休みます」という連絡を入れたころからがぜん様子が変わってきたそうです。「 -- テレビを見てゲラゲラ笑ってるし、キャッチボールしようと、私にまとわりつくし」。 -- こんなに元気でなら、明日から学校へ行けるのでは。そんな感じを抱きながら、数カ月がたちました。 「T男、そろそろ学校へ行けるんじゃないの」 -- 学校がらみの話しになると、T男の様子は一変します。「うるさい、そんなこと言うな」と、急に顔色を変えて怒りだします。 明るく元気なんだけれど、学校に関する話をもちだせないので、母親はどうしたらいいかほとほと困ってしまいました。

解説【親は子どもが不安と向き合うための手助けを】(詳しくは本書をお読みください)

1.子どもには「なぜ?」よりも「なに?」で聞こう

2.子どもは罪悪感でいっぱい

3.子どもの好きな話題を中心にコミュニケーション

4.目印は子どもの「勢い」

5.不安に向き合う力

6.不安を口にするのは登校のサイン

7.学校での様子を知らせてもらう

事例(2)摂食障害 -- 拒食症

食べ物のカロリーにこだわって

-- 「どうしたの。ちゃんと食べないと栄養とれないよ」と、一言いっただけなのにM子(16才)は「どうしてお母さんは、食べろ食べろばかり言うのよ。これ以上干渉しないで」と、すごい剣幕で言い返してきました。 -- 「これはカロリー多いからいや」「あれは蛋白質が多く含まれているからダメ」 -- ワカメ、しらす干し、キュウリの酢の物、といったカロリーの少ない物ばかりを好んで食べるようになりました。 「このしつこい食べ物へのこだわりは、何かの病気ではないか」と不安にかられだし、とりあえず近くの内科へ。 -- 「摂食障害です。なかでも拒食症といって、食を拒否する症状です。内科だけでは難しいので、本症の専門家の受診をおすすめします」と、言われました。

解説【拒食症の特徴】 1.「やせた自分が生きがい」なので、専門家の治療が必要 2.拒食症の早期発見チェックリスト(淀屋橋心理療法センター作成)

事例(3)摂食障害 -- 過食症

食欲が止まらない。なぜこうなるの? Y美(20才大学3年生、発症して1.5年経過、165cm52kg) 「 -- 失恋から悲しくて「やけ食い」に。気持ちの整理がついたのに、食べるのはとまりませんでした」。 夕飯を食べてお腹はいっぱいなのに、次から次へと食べ物に手がのびて。「胃の具合でも悪いんじゃない」という母の言葉をうけて内科で検査してもらいましたが、すべて異常なし。 Y美から過食症だと聞かされて、「えっ過食、過食ってなんのこと」と、母親はびっくり。Y美は本から仕入れたにわか知識をかき集め、母親に説明しました。

解説【過食症の特徴】

1.食べ物をめぐる親子げんかで心身ともに疲れ果て

2.過食症の早期発見チェックリスト(淀屋橋心理療法センター作成)

(4)摂食障害(拒食症・過食症)を疑ったら

食べ物への執着が激しければ、専門家へ相談を

摂食障害(過食症・拒食症)にかかりやすい子の見分け方

こんなタイプのお子さんではありませんか? *小さい頃から手のかからない良い子だった。 *やさしい家族思いの面があり、弟や妹の面倒をよくみてくれる。 *家族や周りの人への気づかいた、とてもよくできていた。 (他6項目)

食を自制する歯止めの工夫

-- 経済的に支出がエスカレートしないよう「○○円までなら出してあげられるよ」といった感じで、お小遣いの上限を決めましょう。また余分の食べ物を家の中に置かないようにしてください。 --

摂食障害(過食症・拒食症)は、こんな家庭に起こりやすい。

1.思いやりが深い、家のなかに波風がたたない家族ではありませんか。

2.幼い頃から母親が娘に代わってすぐに代弁する習慣はないでしょうか。

3.親の考えですぐ結論をポーンと言ってしまうくせはないでそうか。

4.思春期にさしかかっているのに、親が「境界線を超える」行為を続けている。

5.男性中心社会への反発心が芽生え、両親の間にもそれを感じています。

6.親子でもぜんぜん違うライプだな、と感じていませんか。

治るポイントは「夢中になれるもの」を、見つけること

-- 「食べないことや、食べること」で自分の存在を主張していた子どもが、食べ物にたよらなくても夢中になれるもので自分を感じることができれば、過食症・拒食症もしだいに姿を消していきます。

友だち追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 淀屋橋心理療法センターRSS配信

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(過食症専門セラピスト)

マスコミ・出版社からの取材

  1. 「女性セブン」(02.11.28号)に、摂食障害へのコメントを求められる
  2. 「健康な子ども」(7月、12月号)に、本『過食症と拒食症』プレゼント企画
  3. 「PLASMA」(2002.nov)に、拒食症、過食症についてティーンズへのアドバイスを
  4. 「健康な子ども」掲載の「本プレゼント企画」に多数の応募者が
  5. 「不登校の子どもと家族」を支える「不登校ガイドブック編集部」より取材を受けて
  6. 朝日放送「NEWS ゆう」出演(03.02.12)
  7. 不登校ガイドブック「プロン・トン・トン」に、当センターが紹介される(M)
  8. 「みんなおおきくなあれ!じゃんぷ」6月号に取材記事が載る(M)
  9. 日経新聞に、当センターの取材記事が掲載される「子育ては やり直せる」
  10. 養護教諭の月刊誌「健康な子ども」(2004年1月号)に淀屋橋の記事が掲載される
  11. 別冊PHPに掲載:特集「子どものキズついた心をいやす家族の役割」
  12. 「健康な子ども」に掲載されました
  13. 『健康な子ども』(2005年5月号)の特集記事をご紹介
  14. 「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される(前編)
  15. 「女性セブン」2005.6.30日号に登場『友だち母娘 - ガラスの絆』
  16. (中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される
  17. (後編1:対人緊張)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  18. (後編2:リストカット)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  19. (後編3:家庭内暴力)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集
  20. サンケイリビング(2005年8月27日号)「ニート」について
  21. 「佼成」10月号(佼成出版社刊)に、取材記事が掲載
  22. 「テレビドクター」に出演
  23. 「拒食症・過食症、ダイエットからはまる若い女性たち」
  24. 「パニック症候群」が、「健康な子ども」2006年6月号に掲載される
  25. 「見落とさないで!子どものストレスサイン」edu 2012年6月号
  26. CBCテレビの「ゴゴスマ」にひきこもり・ネット依存の件で出演
  27. NTTドコモ「ママテナ」より取材を受け、摂食障害の記事が掲載されました。
  28. NTTドコモ「ママテナ」より「環境の変化に弱い子」への接し方について取材を受けました。
  29. NTTドコモ「ママテナ」より「五月病」について取材を受けました。
  30. 関西テレビ「みんなのニュース ワンダー」に家庭内暴力の件で取材を受けました。
  31. NTTドコモ「ママテナ」より「愛着障害」について取材を受けました。
  32. 関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」のニュースコーナーで「何が 船員実習生の自殺・失踪 相次ぐ」の件で取材を受けました。
  33. 6月14日(木)関西テレビの報道ランナーの「ハマると抜け出せない・・・ゲーム依存の現実とは」というコーナーで、所長の福田のコメントやアドバイスが紹介されました。

SNS

淀屋橋心理療法センター Facebook 淀屋橋心理療法センター Google+ 淀屋橋心理療法センター Twitter 淀屋橋心理療法センター RSS

出版物

克服できるリストカット症候群

克服できるリストカット症候群

事前相談

約1時間の事前相談は無料です。

不登校タイプ別対応の仕方

タイプ別に不登校への対応の仕方を掲載。当センター発行の機関誌「RAINBOW」から、学校の先生方向けに書いたものを加筆・修正したものです。

不登校タイプ別対応の仕方

ご相談件数

ご相談件数の多い順番に、摂食障害不登校うつ・・・となっています。

地域別割割合

京阪神・近畿圏以外の遠方から来所される方もたくさんおられます。

QRコード

淀屋橋心理療法センターのQRコード

よくある質問

 息子にカウンセリングの話をしても行きたがらないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

 カウンセリングは初めてで、どんな場所でどんな形でするのか不安です。


アクセス
新書籍発売「克服できるリストカット症候群」