検索結果

「緊張」の検索結果(101件)

【不登校】小学生のさみだれ不登校は、もう一歩で安定登校!

コラム

小学生のうちは、毎朝のように学校に行き渋ったり、実際に何日か休んでしまった場合でも、「何日かに一回は登校できる...

4月新入社員うつ 完璧主義(完全主義)

コラム

4月を迎えました。厳しい就職活動を乗り越え、新入社員として新社会人の一歩を踏み出した方も大勢おられるでしょう。...

バイト終わりにストレスで過食する子:随分強くなりました

コラム

20代の過食症の女性はカフェでアルバイトをしていました。お洒落なお店で、顔なじみのお客さんと楽しく交流すること...

(後編1:対人緊張)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集

コラム

まず『対人緊張』の症状をとりあげ、ご紹介します。 最近じわじわとケース数が増えています。これらの症状は、比較的...

(中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される

コラム

本論では、次の6事例をとりあげています。不登校、摂食障害(過食症・拒食症)、対人緊張、リストカット、家庭内暴力...

「家族」をあつかう難しさ1

コラム

他にもいろんな症例があります。たとえば42才の強迫神経症の男性ですが、これまで一度も職についたことがなく、自分...

「佼成」10月号(佼成出版社刊)に、取材記事が掲載

コラム

家族のかたち 『いま、家族はどこへ向かうのか』 お盆を過ぎた暑い夏のことでした。佼成出版の編集部から池田友里江...

「今度荒れたらそのときにまたよろしく」と父親

コラム

危機意識がうすい親は、治るチャンスを見のがす とにかくなにか困った事が起きたら、その時に相談にくれば事は解決す...

「不登校・非行」専門カウンセラーからのお願い

コラム

他のご相談内容と比べ、「不登校」と「非行」にはご相談が集中する「ピーク」があります。どちらも「5月中旬」と「1...

「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される(前編)

コラム

「子どもの心がみえていますか」。毎日ライフの編集長である岩石隆光氏が、当センターに来所され「夏休みまえにこのテ...

『健康な子ども』(2005年5月号)の特集記事をご紹介

コラム

さわやかな5月、そしてみんな心待ちにしているゴールデン・ウイークが近づいてまいりました。 さて、以前に掲載のお...

2.「良いとこさがし」が立ち直りのきっかけに(晶子22才 ひきこもり4年)

コラム

ひきこもり4年で、友から結婚の知らせがまいこんで 晶子は高校はなんとか卒業できたのですが、登校できない日が多く...

3.「明るい自分演じるの、めちゃしんどい」と気がついた(真希17才 高2)

コラム

きのうの夜、またはさみで手首を傷つけて 「なんで切るの、なんでこんなことするの?」と、母親は涙ぐみながら真希に...

3.父親とうまく話せない洋次の姿がうきぼりに

コラム

好みがはっきりしてきた 「好きな物さがし」をつづけていくなかで、だんだん洋次の好みがはっきりしてきた。食べ物で...

いじめ不登校

コラム

「長いものには巻かれろ」 ひと昔前ならクラスに一人二人は「正義の味方」がいたものです。それが今では「長いものに...

ぎりぎりタイプの不登校(高校生のギリギリ再登校)

コラム

ギリギリ再登校を願う気持ちに変化が・・ 三学期に入り、あっという間に二月三月・・。とうとう学年末を意識する時期...

こだわる子に手こずっていませんか

コラム

「もうええやないの、そこまでせんでも」。亮君(中学二年)のこだわり症には、いつもお母さんはへきえきしています。...

しぐさでわかる心の病気

コラム

しぐさでわかる心の病気 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 エール出版社 2000年1月15...

ストレス・シリーズ(5)プロジェクトの挫折でうつになった山田氏(45才)

コラム

事例(1)頑張りすぎて燃え尽き症候群に(山田氏45才営業課長) 出世のチャンスだと全力を傾けて取り組んだプロジ...

ひきこもりタイプの不登校

コラム

「ひきこもり」の「五段階」 「ひきこもり」の深刻度・解決の難易度のチェックリストです。((C)淀屋橋心理療法セ...