検索結果

「拒食症」の検索結果(200件)

「女性に多い摂食障害(拒食症・過食症)」家族や教師の協力大切(日本経済新聞より)

コラム

このコーナーは、摂食障害(過食症・拒食症)にかんする情報コーナーです。本症にお困りのあなたやご家族の方にお役に...

「親にアドバイスをくれる所」これが来所の決め手です(清美25才 摂食障害・過食症歴7年)

コラム

清美(25才)は、過食症にかかって7年になる。病院の精神科に3度入退院をくりかえしたが過食症は治らず、その後は...

「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される(前編)

コラム

「子どもの心がみえていますか」。毎日ライフの編集長である岩石隆光氏が、当センターに来所され「夏休みまえにこのテ...

「猛烈な食べ吐きで・・一人ではダメですか?」(香奈28才 摂食障害・過食症歴半年)

コラム

過食症の子は気持ちが不安定 香奈は大阪の本町で証券レディとして働いていた。大学の英文科を卒業、すぐに入社したか...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第1話(過食症と食べ物をめぐる親子げんか)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第2話(拒食症は食べ物をめぐる命との戦い)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・1)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・2)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第3話(母親との関係が・・・3)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第4話(お父さんが恐くて・・・)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

『過食症と拒食症』危機脱出の処方箋 第4話(父親の影響)第3話(母親との関係が・・5)

コラム

『過食症と拒食症』 ― 危機脱出の処方箋 ―  福田俊一、増井昌美著 (星和書店、2001)より 本書は淀屋橋...

3.「摂食障害・過食症が、ほんとうに良くなりました」と母親がうれし涙

コラム

夏美(18才 高三、過食症になって三年たってから淀屋橋心理療法センターへ来所) 「夏美さんの過食症は、一年後に...

4.「雨ふって地固まる」みたいに良くなってきた過食症(美佐 22才 OL)

コラム

摂食障害:美佐 22才 本屋勤務 過食歴6年 必死で両親の仲をとりもつ美佐 「なんだ、この部屋は。いつもきれい...

5.母親への対応アドバイスで、改善の道へ(礼子20才 摂食障害・過食症歴3年)

コラム

過食症になって三年がたつ。礼子(20才)は、いままで母親といっしょにいろんな医療機関をおとづれ、投薬をうけてき...

6.小さな良い変化がでてきたら、治るきっかけがつかめるかも・・(美香28才 摂食障害・過食症歴3年)

コラム

過食症にかかって三年がたつ。美香(28才)は、小さいころからとても良い子だった。友達も多かったし、勉強もよくで...

カウンセリングに経験豊かな精神科医師(治療暦40年)と、症状別ベテランカウンセラー(カウンセラー歴30年)

コラム

精神科の医師が、家族療法をベースにしたカウンセリングをおこなっています。「病院に行くべきか、カウンセリングがい...

しぐさでわかる心の病気

コラム

しぐさでわかる心の病気 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 エール出版社 2000年1月15...

マスコミ出演

コラム

昭和59年 NHKおはようジャーナル「カルテは語る 登校を拒否する子どもたち」 昭和60年 NHKお...

よくばり保健ライフ 第三集

コラム

福田俊一 精神科医・所長 小川和夫 心理カウンセラー インタープレス 2600円(税込) 2002年8月30日...

よりよいホームページを目指して

コラム

淀屋橋心理療法センターのホームページは、他のどこにもないかなり自慢できるホームページだと私は思っております。 ...