検索結果

「トラブル」の検索結果(34件)

質問3:過食症(食べ吐き)の買い物を親にさせる

コラム

Q3:「お母さん、過食するから早く食べ物買ってきて」と、当たり前のように言います。私は両手いっぱいスーパーの袋...

摂食障害(過食症・拒食症)の新しい本がミネルヴァ書房から出版されます

コラム

まもなく摂食障害(過食症・拒食症)の新しい本がミネルヴァ書房から出版の運びとなりました。今回の本はトラブルにな...

母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放

コラム

本の題名:母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放 著者:福田俊一 増井昌美 出版社:ミネルヴァ書...

小学生の発達しょうがい アスペルガー

コラム

電話をかけてこられた親御さんがよく言われる言葉に「うちの子は発達しょうがい(アスペルガー)ぽいです」というのが...

子どものスマホ(携帯)ネットゲーム依存トラブルのカウンセリング相談

コラム

スマホ(携帯)やインターネットは、現代の生活には欠かせないものとなりました。お父様お母様もスマホ(携帯)やイン...

質問6:「家族いっしょの食事がいや。一人で食べたい」と言う娘に、不安な母親(幸美15才、過食症暦1年)

コラム

摂食障害(過食症・拒食症)の子どもをもつ親御さん、とくにお母さんが多いのですが、いろんな不安や疑問をお持ちです...

初回面接でのトラブル

コラム

娘さんの非行のご相談でお母さんが来られました。「事前相談」では娘さんのこれまでの具体的な非行状況、現在の親子関...

職場のストレス・マネジメント

コラム

職場のストレスマネジメント 福田俊一 精神科医・所長 増井昌美 家族問題研究室長 メディカ出版 1700円 1...

摂食障害の病院での治療と淀屋橋心理療法センターの治療の違い:クライアントの言葉から

コラム

病院から淀屋橋心理療法センターへと来られるクライアントが多い。話をきくと、すいぶん治療の仕方に違いがあることが...

毎日ライフ 子どもの心が見えていますか

コラム

毎日新聞社 550円(税込) 2005年6月1日 「毎日ライフ 子どもの心が見えていますか」 内容紹介 特集1...

過敏性腸症候群を、カウンセリングで完治したケースの紹介(瑛子40才)

コラム

過敏性腸症候群でカウンセリングに来所していた瑛子さん(40才,銀行員)の話をしましょう。瑛子さんはかなり厳しい...

高校一年生 スマホ依存の相談で

コラム

不登校でスマホを片時も離さない娘さんの相談です。高校一年の娘さんは学校でトラブルがあったようですが親御さんには...

家族の力、母親の力

コラム

嬉しいなと思うのは、やはりクライアントの方々が元気になってきたと感じる時です。カウンセリングに来所されるのはお...

家族ぐるみの治療をめざして2

コラム

まずは、子どもに向かって「君ね、このあいだ言ってたけど、あれはすごく大事なことのようやな。お父さんに言いたい気...

元気です!

コラム

今年20周年を迎える淀屋橋心理療法センターが大きく変わりました。 まず会議室を作りました。 毎朝行われる会議は...

2.「お母さん、一度決めたメニューかってに変えないで!」

コラム

過食症の人は一度話し合って決めたり約束したりしたことを、勝手に変えたりするとパニックを起こすことがよくあります...

2.職場にいやな人がいる。私のミス、大きな声であげつらうの。もうやめたい(敦子 22才 過食症歴4年)

コラム

敦子さんが当センターにやってきたのは4年前、18才のときでした。当時の過食症の状態は、一度に3人前くらいを食べ...

「普段の様子とちがう…」。そこにストレスのサインが隠されています。

コラム

<取材を受けました>…「edu」6月号(小学館2012) ママの笑顔が、子供を伸ばす、きもちがラクになる子育て...

1.「バレエ発表会が終わったらお弁当の量を増やす」と約束したのに(舞 中3 拒食症歴2年)

コラム

摂食障害(拒食症・過食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター大阪摂食障害専門外来で行っております。...

(4)「食べさせる」:「お母さん、お料理できたよ」という拒食症の娘には落とし穴が(千里 中3 15才 拒食症歴1年)

コラム

摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター(大阪)の「摂食障害専門外来」で行っております...

LINEで不登校に 女子高校生の相談で

コラム

多感な思春期は友達からどう見られているか、どう思われているかが一番気になる年頃です。今高校生でスマホは当たり前...

【不登校】ニキビが気になるから行けない・・実は

コラム

不登校の子の中でも中学生・高校生といえばまさに思春期ど真ん中。そんな子たちの中に、「外出する時はマスクを欠かせ...

(後編1:対人緊張)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集

コラム

まず『対人緊張』の症状をとりあげ、ご紹介します。 最近じわじわとケース数が増えています。これらの症状は、比較的...

(後編2:リストカット)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集

コラム

次に『リストカット』の症状をとりあげ、ご紹介します。 親を驚かせ、あわてさせる子どもの行為の一つです。これらの...

(後編3:家庭内暴力)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集

コラム

最後に『家庭内暴力』をとりあげ、お話しましょう。 毎日ライフ七月号【子どもの心と向き合う】 -- 家族療法で乗...

(中編)「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される

コラム

本論では、次の6事例をとりあげています。不登校、摂食障害(過食症・拒食症)、対人緊張、リストカット、家庭内暴力...

「治療間隔」について―さまざまな立場から

コラム

週一回の来所が治療効果をあげるベストの間隔 医師:精神科医&セラピスト セ1:セラピスト(治療者) セ2:セラ...

「毎日ライフ 7月号」(2005)に、家族療法の特集が掲載される(前編)

コラム

「子どもの心がみえていますか」。毎日ライフの編集長である岩石隆光氏が、当センターに来所され「夏休みまえにこのテ...

4.問題家族はこんなところに気もちが届いていない(ひきこもり4年 26才女)

コラム

来所するお母さん方に一枚のアンケート用紙を書き込んでもらった。多い順番に並べるとだいたい次のようになる。 質問...

いじめ・暴力 もしカウンセリングを受けていなかったら・・・

コラム

カウンセリングが終了した家族より久しぶりの電話がありました。3年前、不登校の相談で来所されていた方です。当時小...

お父さんの出番をこしらえて

コラム

「それはな、お父さんに聞かんとわからへん。お父さんやったら知ってはるさかい」 幸恵(18才専門学校生)はバイク...

ストレス・シリーズ(4)職場でよくみられるストレス症状(パニック)

コラム

事例(1)チーフとしての責任感から部下と衝突を(陽子編集者27才) 陽子さんはファッション雑誌の編集部勤務。デ...

ミセス─母親・妻自身のストレスチェック

コラム

子育ての悩みページも御覧下さい。トップページに診療科目を紹介しています。 次のチェックリストは、日常生活の中で...

よその子にくらべて遅れていると思うと不安で眠れない

コラム

育児書どおりが正しい発達レベルと信じこんで 面接室には三十代の若い夫婦が座っています。4才と2才の二人の子育て...